ジョルジュ・ドン
 * 

バレエ


振付モーリス・ベジャール

王立モネ劇場からの写真
C.a.r.m.e.n.のデータベース
ロゴをクリックして下さい
作年 タイトル 写真 Original Title
1964 「ディヴェルティメント」   Divertimento
「結婚」   Les noces
1965 「狐」
Renard
1966 「ウェーベルン5番」   Webern Opus V
「ロミオとジュリエット」
Roméo et Juliette
1967 「第九交響曲」
IXe Symphonie
「朝の歌」   Aubade
「現在のためのミサ」
Messe pour le temps présent
「マティルデ」
Mathilde
1968 「ボードレール」
Baudelaire
「旅」
Le voyage
「バクティ」
Bhakti
1969 「愛の手紙」   Lettera amorosa
「カンタータ106」   Cantate 106
「勝利者」
Les Vainqueurs
1970 「これが死か」
Serait-ce la mort?
「火の鳥」
L'oiseau de feu
「ソナタ五番」
Sonate N°5
1971 「春の祭典」
Le sacre du printemps
「舞踏の捧げ物」
Offrande chorégraphique
「さすらう若者の歌」
Chant du compagnon errant
「悪の華」
Les fleurs du mal
「ニジンスキー・神の道化」
Nijinsky, clown de Dieu
1972 「ジャン・コクトーに捧ぐ」
Hommage à Jean Cocteau
「孤独の男のためのシンフォニー」
Symphonie pour un homme seul
「シュティムング」
Stimmung
1973 「主なき槌」
Le Marteau sans maître
「2台のピアノと打楽器のためのソナタ」
Sonate à trois
「ゴレスタン、あるいは薔薇の園」
Golestan ou le jardin des roses
「瞑想」   Méditation (*)
1974 「ペトラルカの勝利」
I trionfi del Petrarca
「愛が私に語りかけるもの」
Ce que l'amour me dit
1975 「アクア・アルタ」   Acqua Alta
「我々のファウスト」
Notre Faust
1976 「想像のモリエール」
Le Molière imaginaire
1977 「ウィンナ・ワルツ」   Vienna Waltzes  (*)
「舞楽」   Bugaku  (*)
「ヘリオガバルスまたは戴冠せるアナーキスト」   Héliogabale (ou L'anarchiste couronne)
「ペトルーシカ」
Petrouchka
1978 「パリのよろこび」
Gaîte parisienne
「詩人の恋」
Dichterliebe - Amor di poeta
「死が私に語りかけるもの」
Ce que la mort me dit
「レダ」
Léda
1979 「ボレロ」
Boléro
「エロチカ」
Erotica
「イルミナシオン」
Les illuminations
「メフィストのワルツ」
Mephisto Walzer
1980 「エロス・タナトス」
Eros Thanatos
「愛も悩みもこの世も夢も」
Lieb' und Leid und Welt und Traum  (**)
1981 「ラ・ミュエット」   La muette
「魔笛」
La flûte enchantée
「アダージェット」   Adagietto
「ライト」
Light
「ガルボの幻想」
Divine
1982 「わが夢の都ウィーン」
Wien, Wien, nur du allein
「タラサ、われらの海」
Thalassa, mare nostrum
1983 「未来のためのミサ」
Messe pour le temps futur
「マリオネットの生と死」
Vie et mort d'une marionnette humaine
1984 「ディオニソス」   Dionysos
1985 「コンクール」
Le concours
1986 「マルロー、あるいは神々の変貌」
Malraux ou la métamorphose des dieux
1987 「レニングラードの想い出」   Souvenir de Leningrad
「そしてワルツ」   ...et Valse
「アイーダ」(ヴェルディ オペラ) Aida (***)
1988 「ディブーク」   Dibouk
「出発しようとして家に留まった」   A force de partir, je suis resté chez moi
1989 「1789・・・そして今」   1789 ... et nous
1990 「ニジンスキー・神の道化」   Nijinsky, clown de Dieu
(*)  振付ジョージ・バランシン
(**)  振付ジョン・ノイマイヤー
(***)  振付ジョルジュ・ドン